財務報告関連評価-減損テスト

サービスへ移動

連絡先

日本会計基準、米国会計基準、国際財務報告基準等の会計基準において要請される

ダフ・アンド・フェルプスは、日本会計基準(JGAAP)、米国会計基準(USGAAP)、国際財務報告基準(国際会計基準、IFRS)等の会計基準において要請される、のれんを含む各種長期性資産の減損テストのための、公正価値(時価)等の評価を行います。

具体的には、以下のような資産が減損判定の対象となります。また、減損判定単位の公正価値(時価)評価のみならず、使用価値等の評価が求められることもあります。ダフ・アンド・フェルプスは、これらを含む様々な資産の減損テストのための評価に対応します。

  • のれん
  • 有形固定資産(不動産、機械設備等)
  •  無形資産(ブランド・商標、特許・技術、仕掛研究開発、顧客関係、受注残、ソフトウェア等)

会計上の減損損失の認識や測定は、現在もなお、会計基準間で少なからぬ差異が残る分野です。そして、各々の会計基準ごとに、減損判定単位とする資産ないし資産グループの決定や、減損の兆候の判定、減損の認識、減損損失の測定、各資産への損失の配分等々、減損テストの様々なステップに関する、詳細かつ複雑な規定が存在します。

ダフ・アンド・フェルプスは、日本会計基準(JGAAP)、米国会計基準(USGAAP)、国際財務報告基準(国際会計基準、IFRS)のいずれについても、減損テストのための評価の豊富な経験を有しており、各々の会計基準のみならず、それらの解釈や実務慣行にも精通しています。これらにより、ダフ・アンド・フェルプスは、監査対応までを含む減損テストの全てのステップにおいて、財務報告上の課題の解決を強力にサポートします。

/services/financial-reporting-purpose-impairment /-/media/kroll/images/banners/services/jpg/desktop/business-intelligence-investigations.ashx

サービス

財務報告関連評価-取得価額配分

日本会計基準、米国会計基準、国際財務報告基準等の会計基準において企業結合時等に要請される財務報告目的の評価を行います。

財務報告関連評価-取得価額配分

フェアネス・オピニオンサービス

評価額や評価結果に至る会社の経営判断を、独立の第三者が、様々な観点から調査し、その公正性について財務的見地から意見を表明

フェアネス・オピニオンサービス

企業価値評価

企業活動の多くの場面において、株主価値の把握、企業価値の分析は欠かせません。

企業価値評価

海外不動産(鑑定)評価

ダフ・アンド・フェルプスは、自社のグローバルネットワークを活かし、世界中の不動産の鑑定評価を行っております。

海外不動産(鑑定)評価

機械設備評価

機械設備評価では、不動産以外の有形固定資産の公正価値(時価)評価を実施します。

機械設備評価

不動産鑑定評価

ダフ・アンド・フェルプスは、日本国内の不動産鑑定評価基準に準拠した不動産鑑定評価業務を行っております。

不動産鑑定評価