不動産鑑定評価

サービスへ移動

連絡先

ダフ・アンド・フェルプスは、日本国内の不動産鑑定評価基準に準拠した不動産鑑定評価業務を行っております。

ダフ・アンド・フェルプスの不動産鑑定評価は、不動産の売買、不動産の担保、不動産の証券化、不動産の減損会計、販売用不動産の時価評価、および賃貸等不動産の時価等の開示などの際にご活用頂いております。また、M&A(合併と買収)、企業結合会計におけるPPA(Purchase Price Allocation)などに際して、USGAAP(米国会計基準)やIFRS(国際会計基準)にも対応した不動産鑑定評価も行っております。

また、日本国内の不動産鑑定評価基準は勿論のこと、海外の不動産鑑定評価のスタンダードでもあるUSPAP(米国鑑定業務統一基準)やIVS(国際評価基準)に準拠した、Fair Market Value (公正市場価値)などの評価にも対応しております。ダフ・アンド・フェルプス、これら海外の評価スタンダードに対応するため、社内の不動産鑑定士には、不動産評価の国際資格であるMAI(米国不動産鑑定士)やASA(米国鑑定人協会)などの取得に向けた研修の受講を奨励しております。

ダフ・アンド・フェルプスは、USGAAP(米国会計基準)やIFRS(国際会計基準)に対応した不動産鑑定評価業務を行っております。また、海外の機関投資家やレンダーへの提出資料としての不動産鑑定評価や各種調査業務も行っております。そのため、日本語による不動産鑑定評価書は勿論のこと、英語による不動産鑑定評価書の作成も多数行っております。

ダフ・アンド・フェルプスでは、近年、以下の不動産評価サービスの問い合わせが増えております。

  • 他社作成の不動産鑑定評価書のレビュー

  • 海外不動産鑑定評価(国際不動産評価)

  • 有利不利な契約の判定と評価

  • 税務関連評価サービス(海外資産の固定資産税の異議申し立て)

  • 海外の機関投資家や法律事務所依頼による訴訟(Litigation)関連の評価サービス

/services/real-estate-valuation /-/media/feature/insights/desktop/real-estate-advisory-group.ashx

サービス

企業価値評価

企業活動の多くの場面において、株主価値の把握、企業価値の分析は欠かせません。

企業価値評価

財務報告関連評価-取得価額配分

日本会計基準、米国会計基準、国際財務報告基準等の会計基準において企業結合時等に要請される財務報告目的の評価を行います。

財務報告関連評価-取得価額配分

海外不動産(鑑定)評価

ダフ・アンド・フェルプスは、自社のグローバルネットワークを活かし、世界中の不動産の鑑定評価を行っております。

海外不動産(鑑定)評価

機械設備評価

機械設備評価では、不動産以外の有形固定資産の公正価値(時価)評価を実施します。

機械設備評価

フェアネス・オピニオンサービス

評価額や評価結果に至る会社の経営判断を、独立の第三者が、様々な観点から調査し、その公正性について財務的見地から意見を表明

フェアネス・オピニオンサービス